カフェを開業するのに、スケルトン物件か居抜き物件かについてというテーマでお送りしています。

スポンサードリンク

カフェ開業・経営Tipsトップ > カフェ開業準備(流れ) > カフェ物件、スケルトン物件か居抜き物件か

カフェの物件・スケルトン物件か居抜き物件か

カフェイメージ

カフェを開業するお店を、スケルトン物件か居抜き物件かを悩まれると思います。
そのふたつについて説明しておきます

スケルトン物件

スケルトンとは、店舗の内装(床・壁・天井)などが何も施工されていな、建物の躯体だけの状態を差します。

基本的に店舗物件は、スケルトン渡し&スケルトン返しといわれていて、物件を借りる際は、何もない状態借りて、自分で内装工事をして、厨房機器や空調設備を整える必要があります。また、契約を終了し、お店を出る場合は、原状回復=元の何もない建物の躯体だけの状態で引き渡す必要があるのです。

スケルトン物件は当然費用は多くかかりますが、新しくカフェをオープンする場合、あなたのの思い通りの店が作れるので新しい出発にはふさわしいでしょう。

居抜き物件

居抜き物件とは以前借りていた人が、営業していたままの状態を残していった物件を指します。

内装の造作、什器備品などがそのまま利用できるので、初期費用が抑えられ、短期間でオープンできるということで、とても人気があります。

しかし居抜き物件には注意点がありますのでよく事前に確認することが重要です。

居抜き物件の場合、普通に敷金や保証金だけで契約できるケースと、造作譲渡料を要求されるケースがあります。いずれの場合もその物件の設備や内装が、開業するカフェとして利用できないものであれば取り壊しに余計費用がかかってしまいますので、事前にそれがどの程度になるのか内装業者に相談すべきでしょう。

居抜き物件はすでに何年か営業していたお店ですので、全く手を加えないでよい状態という物件は残念ながらほとんどなく、古いところを修理したり、看板を架け替えたりある程度(もしくはかなりの)改装は必要になってきます。

また、厨房機器や什器類などはそのまま利用できるわけではなく、造作譲渡として前のオーナーから購入する必要があります。ですので、どれを購入するのかはっきりとしなくてはいけません。そして必ず購入前にその機器類、設備類の状態を確認してください。きちんと動くのか、動いたとしてもすぐに故障しては大損ですので、いつ購入したのか、保証書なども確認しましょう。また、厨房機器のなかにはリース物件もあります。それを確認してから引き継ぐかどうか決めましょう。

ある飲食店がよく確認せずに居抜き物件を契約してしまい、店舗開店後しばらくして冷蔵庫が壊れてしまったので新しく交換しなければならなってしまったのですが、いざ入れ替えの時に厨房の出入り口が狭く、入り口を広げる工事まで再度必要になったという気の毒な話もあります。何年かしたら故障するという前提で、買い換える際のことも考えて、すでにある設備の大きさや内装などもチェックすることが必要です。

また、手を入れないでよい物件の場合も、なんらかの理由で閉店してしまった前のお店の悪いイメージを引きずる可能性もあります。できれば何のお店だったのか、なぜ閉店してしまったのかが確認できればいいでしょう。

安易に居抜き物件を契約してしまって後悔しないようにしてください。

次は「装工事の発注注意点」について説明します>>


スポンサードリンク