カフェを開業するのに、カフェ開業の資金はいくらくらい必要なのか?というテーマでお送りしています。

スポンサードリンク

カフェ開業・経営Tipsトップ > カフェ開業準備(流れ) > カフェ開業の資金ってどれくらい必要?

カフェ開業の資金 - 何にどれくらい必要か?

カフェイメージ

一般的な目安として、カフェを開業するには小さめの店舗でも300万~1000万円程度の費用が必要と言われています。では具体的にどれくらい必要になるのか事前に把握しておきましょう。具体的な数字で見ることにより、何が本当に必要か必要でないか、どこにどれだけお金をかけるかかけるべきでないかがみえてくるはずです。

ではいったい開業にはどういった費用が必要なのでしょうか?

店舗取得費用

店舗取得費用イメージお店を借りる場合、家を借りるのと同じで最初に契約を結ぶ際に必要な費用があります。具体的には、保証金(もしくは敷金・礼金)、仲介手数料などのことを言います。保証金は物件や地域差はありますが、だいたい家賃の10ヶ月分を目安にしておくとよいでしょう。仲介手数料は家賃の1ヶ月分が目安で、契約時には大抵家賃が2ヶ月分ほど前払いになることが多いです。

内装・外装工事費用

内装や外装を工事する費用と設備工事費が必要となります。
スケルトン(全く何もない状態の店舗)を借りる場合はその費用はかなり必要です。居抜き店舗を借りる場合はあまり必要ないかもしれませんが、設備が古い場合や、内装が汚れている場合は一からやり直す必要がある可能性もありますので、居抜き物件を借りる場合はよく確認してから契約をするようにしましょう。

什器・備品費用

厨房機器、調理器具、食器類、そしてお店の椅子やテーブル、インテリアの小物など様々なものが必要となってきます。これも居抜き店舗の場合は造作譲渡代で前の店舗の什器・備品類を買い取っている場合は少なくすむかもしれませんが、古くなっている場合もあります。よく確認して、つかえない場合は造作譲渡代を支払うことの内容にくれぐれもきをつけましょう。

厨房機器などは最初から最新の新品を使う必要はありません。出来る限り初期費用は抑えるためにも、中古品なども積極的に見るようにしましょう。

仕入れ費用

オープン前にそろえておきたい食材や調味料などの費用です。少ない場合は運転費用として計算しておいてもかまいません。

広告宣伝費

ショップカード、ホームページ、ダイレクトメール、チラシなどあなたのお店がオープンするということをみなさんに知ってもらうためにも必要です。
もちろん、自分でパソコンをつかってショップカードやチラシをつくるのも、得意であればよいかもしれません。いくらまで使えるのか、まずは他の費用をみてから決めてもよいかもしれません。

費用はいくらあっても足りないはずです。妥協するところは妥協して、ここは譲れない、ということを決めてあそこにはお金をかけるようにすれば、予算内に収めることができるのではないでしょうか?

運営資金(開業資金・自己資金)

お店をオープンしてからいきなり黒字になることは難しいでしょう。オープン時にはお客様がたくさんいらしてくれても、数日たったらパタリと客足が途絶える、、、という話はよくあります。一度来られたお客様が常連になっていただき、そして経営が安定するまでは時間がかかると思います。飲食業経営者が軌道に乗るまでは半年必要と言われていますので、できれば半年分以上の運営資金(自分の生活費も)は開業資金で準備しておく必要があります。

運営資金が無いと、お客様が増えてこれから、、、という時に資金不足に陥り閉店に追いやられるというような残念な結果になってしまいます。

実際、飲食店を新規に開業したした先輩たちの意見として、下記の統計のように「資金不足」が一番の問題となっているのです。

ぜひ、運営資金(自己資金)は余裕をもって準備をしておいてください。

次は「 開業計画書(創業計画書)」について説明します>>


スポンサードリンク